中古車探しのフェーズに突入します。

思わぬ事故によって急遽、車を買い換えるハメになったわけですが、何を買うかだいたい目星はついてます。

んが、新車と違って中古車はなかなか入手が難しい。

 

中古車の選び方も、年式、距離数、燃費、価格などなど、自分の条件に合う車はネットでちらほら見つかりますが、電話しても既に商談中。。。

ならばその次に商談予約を入れても、残念ですが売れてしまいました!てことで僕の順番まで回らず・・・の繰り返し。(汗)

 

中古車探し・・・こんなに苦労するものだと改めて思い知らされました。

今日はそんな中古車探し物語です。

中古車探し、選び方の目的は長距離通勤!ヴィッツの評価

長距離通勤にベストな車に明確な答えはないと思うんです。

全てを備えた車は存在しないので、何に重きを置くか人それぞれです。

ただ、お金持ちの人なら燃費もあまり気せず高級車をポーンと買えば終わる話です。

僕はあまりお金がないので、購入価格を含めトータル維持費を重視した視点です。

1300ccガソリン車のヴィッツは優秀だった

僕の乗っていたヴィッツは5年前に中古で買ったガソリン車です。

2012年式 1.3Fスマートエディション(中古車価格99万円だった)

当時はまだ長距離通勤する前でしたが、3ヵ月後にそういう生活になることは分かっていたので、それを見越して燃費、価格、維持費を重視しました。

んが、実際に長距離通勤をしたことがないので予想の範囲です。

明確な正解は分からなかったので、様子見がてら平凡な1300ccをチョイスした経緯があります。

 

それから5年、長距離通勤のスペシャリストとなった僕にとってどんな車が一番好ましいか、少し分かったつもりです。

もちろんお金がない前提です。お金持ちならばレクサスとか買えば済む話です。

 

1300ccのヴィッツは大正解だったと言えます。

ヴィッツの良かったところ
  • 価格が安い
  • 燃費もそこそこ良い
  • 構造がシンプルなので故障が無い
  • 居住性も不満なし

しかし無論、不満なところもあります。

ヴィッツの不満だったところ
  • トルクが足りず登り坂がトロい
  • 加速が悪い
  • 運転する楽しさは全くない

走りに関しては不満だらけですが、それ以外の不満はほとんど無かったので、貧乏人の僕にとっては良い車だったと言えます。

 

ほぼ渋滞の無い道、信号もほとんどひっかからない道をひた走る通勤ルートなので、ハイブリッドの恩恵はそこまでないはずと予想。

であれば、高価格なハイブリッド車よりも、低価格なガソリン車のほうがトータル安く済む、てことでハイブリッドは選択肢から外れました。

 

よって、1300ccのヴィッツはかなり安上がりな車だったと言えます。

・・・が、良いと分かっていても、同じ車を2度買うのは抵抗がある。(汗)

 

今回は事故による補償金があるので、あえて高額なハイブリッドを選ぶのもアリかな~って思ったりします。

苦難の中古車探し!マジで見つからない

中古車選びの条件

中古車を買うにあたり、年式、価格、距離数、装備、色、グレードなど、希望する条件は人それぞれですよね。

僕の希望する条件は下記の通り。

  • 価格はコミコミ140万円まで
  • 排気量は1500ccまで
  • 年式は4年落ちまで
  • 距離数は2万キロ以内
  • 車検2年付き
  • ステアリングはチルト&テレスコピック機能付き
  • 事故歴なし

ヴィッツの補償金が40万円なので自腹分は100万円で収まります。

関連記事→ 車をぶつけられた②・修理しないで補償金を受け取る事にした5つの理由

 

そして僕の場合、毎日往復70kmの長距離通勤に使うので、どうしても距離数の少ないものを選びたい。

ステアリングはテレスコピック機能(前後調整)があったほうがドライビングポジションのフィット性が増すので、長距離通勤の負担軽減になる。

 

悩んだのは、ハイブリッドかガソリンか。。。

燃料費だけを見ればハイブリッドのほうが経済的ですが、ガソリン車よりも車体価格が高額なので、その価格差を補うならば一般的には15万キロ以上乗らねば元はとれないと言われています。

年間18000キロを走る僕からしたら約8年でそれは達成できるので、別に不可能ではありません。

最近の車は耐久性が非常に高いと言われているので20万キロ走破も夢ではない。

んが、やはり長く乗れば、各部位の劣化、消耗による部品交換など、チョイチョイした出費は避けられないかと。

 

いろんな事を加味すると明確な答えは出ませんが、安全パイに行くなら今回もガソリン車の方がいいかもしれない。

ガソリン車のほうが構造がシンプルな分、故障率も低いので無難と言えるでしょう。

 

ただ、長距離通勤のデメリットの一つとして給油回数があります。

ヴィッツの時は週一でガソリンスタンドに寄ってましたが、毎週行くのも結構面倒なんです。

できれば月2ぐらいでおさえたい。

となると、ハイブリッドぐらいしか解決策が思いつきません。

 

こんな感じで、いつまで経っても結論が出ません。(汗)

 

男ならバシッと決断!

補償金も出ることだし、今回は一度も買ったことがないハイブリッドを選んでみたい気持ちに従います。

中古車ヴィッツHVは入手困難!

僕が最初に狙いを定めたのはヴィッツHV

 

今まで1300ccガソリン車のヴィッツに乗ってましたが、今度はそのハイブリッド版です。

その両車は外観こそ違えど、インパネと内装はほとんど一緒です。

乗った時の視界が同じなのは面白くありませんが、インパネが同形状なのでタブレットホルダーは流用が利くのがメリット。

関連記事→ 車内タブレット設置!ナビよりも見やすく安全で快適な長距離通勤を実現

 

ヴィッツHVの中古車なら簡単に見つかるだろうと楽観的に考えてましたが、とんでもない!

全っ然!見つかりません。(汗)

中古車サイト「カーセンサー」で調べても、地元で売り出しているのは自分の条件に合わないものばかり。

全国区で調べれば良さげなタマは見つかりますが、到底取りにいける距離ではない。

 

ならば、トヨタ中古車サイト「GAZOO

「GAZOO」なら遠いところにある車も、地元のトヨタディーラーへ取り寄せができる!(有料ですが)

・・・しかし、よくよく考えるとその手は僕には使えない。

車の輸送は日数がかかるので、時間が無い僕はやはり地元の車から探すしかありません。

 

しかし、「GAZOO」のメリットはもっと別にあります。

「GAZOO」はトヨタ認定中古車が掲載されており、トヨタ車ならではのハイブリッド保証がつく。

そのハイブリッド保証が凄い!

「登録日から10年、もしくは20万キロまで保証」

これは凄く安心な保証ですが、その分、車体価格は少し高めに設定してあります。

だとしても、20万キロって凄くないですか?(笑)

 

ハイブリッド機構は歴史が浅い分、長く乗るほどにどんな不具合がでるか?未知数なところがぬぐい切れない。

ハイブリッドバッテリーの交換は20万円ぐらいするというし、そんな金額とてもじゃないが払えない。

そこをトヨタは20万キロまで保証!無償で直します!というこの自信。

ホンダやニッサンもハイブリッド出してますが、ここまでの保証は出してません。

ていうか出せないでしょう。

トヨタだからこそ出せる保証と言えるでしょう。

 

そんな有難い保証を得られるなら多少の増額分なんて屁のかっぱだと僕は思います。

といっても、まだ車自体が見つからないので保証もクソもありませんが・・・。(汗)

 

それにしても、ヴィッツHVのタマ数が少ない。

しょうがないので今回もガソリン車のヴィッツにしようかな、と心はグラつき始める。。。

中古車アクアは狙い目!コスパ最高!・・・しかし

アクアが安い、という情報を同じ会社の人から聞いた。

ネットで調べると、確かに安いかも。。。

今までヴィッツHVしか眼中に無かったので吟味したことなかった。(汗)

 

アクアの燃費の良さは魅力的だが、ネックだったのが後部座席の狭さ。

主に通勤用なので後部座席の広さはあまり関係ないですが、休日はチョイ乗りに家族四人で出かけることがしばしばあります。

そういう時に後ろが広いと助かるので、せめてヴィッツぐらいの広さが欲しかった。

 

だけどまあ、後ろが狭くてもそこに座るのは子供だし、そこまで窮屈ではないだろう。

というわけで、ヴィッツHVは諦めて、標的をアクアに変更。

 

「GAZOO」でアクアを探すと、おお!出るわ出るわ。

こんなにあるのか?と、地元県内だけでもかなりのタマ数!

いや、これが普通なのかもしれないが、ヴィッツHVと比べればものすごく豊作に見えます。

こりゃあ選びたい放題だね!

 

最初はどれも魅力的に見えたアクアだが、見慣れてくると目が肥えてきたせいか、自分の中で基準が生まれはじめた。

  • デカナビ(9インチ)
  • 色は紺、黒
  • LEDヘッドランプ
  • 評価点4.5以上

なんて贅沢な基準だ。(汗)

しかし、実際に予算内で掲載されているので、買える!と、この時までは思っていました。

 

早速電話で確認すると「商談予定が入っています」だったので、じゃあその次に商談できるよう予約する。

んが後日、「残念ですが売れてしまいました」との事。

 

・・・まあ、こういう事もあるよね。

 

てことで、似たような車を選んでまた電話する。

すると、また「商談予定が入っています」との事。

じゃあ、その次に商談させてくれと予定を入れるも、後日、また「残念!」との回答。(汗)

 

じゃあ次!

3度目の正直だ!てことで、似たような車を見つけ、再び電話するもまた同じパターンでゲットならず。(汗)

 

おいおい、いったいどうなっているんだ??

と、この時は思ったが、車に詳しい奴から言わせれば、別にどうもこうもない、これが普通だという。。。

これが中古車市場というやつらしい。

僕は中古車市場の現実を身をもって知りました。

人気車がネットに掲載されると即、商談予約が入るのが中古車市場の日常なのだ。

 

なので、

「お!良い車みっけ!あとで電話しよっと」これ一番ダメなパターンらしい。

見つけた時、その車はすでに終わっている、というぐらいの回転率の速さなのです。(汗)

そのめまぐるしさは想像を遥かに超えていた。

 

このネット社会が中古車市場をさらに加速させている。

欲しい中古車を狙っている輩は常に「GAZOO」や「カーセンサー」などのネット情報を見ているのだ。

そこに「NEW」と表示された中古車がアップされれば、すぐに電話で予約を取り付ける。

ネットは便利だが、反面、入手し難くなったとも言える。(汗)

 

マズい・・・すでに1週間経過してしまった。

レンタカーの返却期限まで1ヵ月切ってしまった。(汗)

関連記事→ 車をぶつけられた②・修理しないで補償金を受け取る事にした5つの理由

 

1ヵ月を切るとさすがに焦る。

もはや選り好みをしている場合ではなくなったが、どのみち好条件のアクアも品切れとなった。

新車に鞍替え?ヤリスHVなら経済的採算がとれるが・・・

お目当ての中古車が一台も無い。

これ以上、中古車を探しても時間の無駄ではないか?と思えてきた。(汗)

 

・・・中古がダメなら、新車?

以前にもこのテの悩みをしたことがあります。

関連記事→ 中古車か新車どっちが得?旧型ヴォクシー vs 新型ノア どちらかを選ぶ!

 

が、今回は少し事情が違う。

 

いやまて。

新車は高いけど、ヤリスHVなら長い目で見ればペイできるかも?

僕が今借りているレンタカーはヤリスHVである。

かれこれ2週間ぐらい通勤でも使っているが、正直、その性能の高さに感動の毎日です。

 

特筆すべきは主にこの4つです。

  1. 燃費 → ガソリン版ヴィッツの約2.5倍の燃費
  2. 加速 → 驚異の瞬発力!おかげでスッと横入りできて、登坂も本気出せば2.5L並に一気に登る!
  3. 静粛性 → 静か!ロードノイズ無し!
  4. エンジンブレーキ → アクセルオフした時の減速加減が非常に良い!自分の理想そのもの

 

新車価格は高くても、なにせヴィッツの2.5倍の燃費。

エコカー減税の恩恵も受けられるし、当然、車検も初回3年は免除だし、法定点検もサービス。

僕の年間走行距離を計算すれば約8年で元が取れる計算になった。

 

そして、ヤリスHVは運転してて楽しい!と感じている。

僕はこの30年いろんな車に乗ってきたがこんな感覚初めてである。

正直、毎日の長距離通勤運転が楽しみとすら感じています。

 

ヤリスの後席はかなり狭いが、それを上塗りするぐらい運転が楽しいと思えた車です。

 

というわけで、お馴染みのカローラ名古屋でヤリスHVの新車見積もりをした。

値引きはほとんど無いとの事だったが、もっと大きな問題を知りました。

納車待ち3ヵ月との事。(汗)

 

そんなに待てん。

レンタカーの返却期限はすでに1ヵ月きっている。

残り2カ月は自腹でレンタカー代を払うことになる。

その額、ざっと25万円。(汗)

莫大な金額だ。そんなん無理無理!!

 

なぜ納期がそんなにかかるのか訊いてみた。

今は4月。この4月というのが一番良くないみたい。

先月までの決算期にほとんど売れてしまい、この4月はメーカーも一段落し生産ラインの切り替え時期。

よって、生産能力も低く、特にヤリスは人気車種のため予約も多く、そんな納期になってしまうとの事。

 

というわけで、新車は諦めました。

 

ちなみに中古のヤリスHVも考えましたが、新車に肉薄するような金額。

その金額差ならば新車を買った方が良い。色も選べるしね。

 

やはり中古車のセンでいくしかないと悟った。

やはり中古のアクア狙いで

好条件のアクアを持つディーラーを一軒見つけた。

その店は結構遠いが、なんとか通える範囲だったのですぐさま電話。

「明日、午前中に商談予定が入ってます」との事。

・・・またこのパターンか。(汗)

ならば当然、その次に商談させてくれと予約する。

 

と、予約したものの、実は明日は平日。

だが、僕は在宅勤務の日。

勤務中だが家を抜け出して、午後から商談するつもりである。(不良社員)

 

が、もし午前中の商談で売れてしまった場合、またしても空白になる。(汗)

んが、もし売れてなかった場合、午後イチで乗り込んで即ハンコを押す気マンマン。

 

そのために、その店の近くで待機するつもりである!(仕事しろよ)

中古車を探して三千里!妥協か?こだわるか?

家を出て、目的のディーラー付近の中華飯店で昼飯にする。

昼飯を食べ終えた後にそのディーラーに電話をしてみる。

 

無論、そのディーラーは僕が近くに来ているなんて知りもしません。

先約が破談になったら即突撃する計画だからです。

 

「今しがた商談が終わりました」との回答。

それで結果は???

 

「売れてしまいました!」

 

ズコー!!!

マジか・・・、ここが最後の砦だったのに。(涙)

このディーラーに行く意味はなくなった。

 

もうこれで自分の条件に合うアクアは全て消えた。

その他のアクアは距離数が3万、4万キロ以上のものばかり。

それでいて価格もやや高い。

 

さて、どうするか?

一応、今日コケた時を想定して布石はうってある。

ここからそう遠くないところに、3年落ちガソリン車のヴィッツが置いてあるディーラーがある。

そこもトヨペット店。今からそこへ向かう。

ネット上で見ると、コミコミ100万円で距離数も2万キロ以下なので、ガソリン版のヴィッツなら妥当なところかなと。

 

ただ、ガソリン版ヴィッツにする方向と決めたわけではありません。

一応、現車だけ見ておこうかなという程度。

 

吟味した上で、距離数の多いアクアをチョイスするか、100万以下のガソリン版ヴィッツを選ぶか決める。

もうレンタカーの猶予期間が30日を切っているので悠長に悩んでもいられない。

中古車どちら選ぶ?ヴィッツ or アクア

さて、そのディーラーに到着。

敷地は狭いが中古車はこじゃんとある。

早速、営業マンが来て親切な対応をしてくれた。

 

目当てのガソリン版ヴィッツも車内外しっかり見せてくれました。

なるほど、外観内装ともに綺麗です。

 

気にいらないのは、エアコンがオートではなくマニュアルであること。

そして、カギがスマートキーではなく普通のカギ(キーシリンダー型)であること。

 

まあエアコンは妥協できるが、カギが気に入らない。

スマートキー&プッシュスタートに慣れてしまっているからです。

それに、普通のカギはズボンのポケットに入れると嵩張るので嫌だ。(汗)

 

営業マンとあーだこーだと雑談まじりに車の相談をかれこれ2時間ぐらいしていた。

営業マンは僕の希望条件を熟知してくれて、自社在庫のアクアを念入りに探してくれた。

 

1件、かなり好条件のアクアを見つけてくれた。

さっきサイトにアップされたばかりのホヤホヤである。

おおラッキー!是非それを!と切望した。

営業マンはすぐに予約を取り付けようと電話してくれたが、すでに商談中との事。(汗)

 

・・・ちょっと待て、なぜさっき掲載されたばかりの中古車が既に商談中になっているんだ?

と訊いたところ、おそらく社内の関係者が裏で手を回して確保したのではないか、との事。

 

・・・卑っ怯くせーな~。。。

 

営業マンは電話越しに食い下がってくれたが、どうにもならないもよう。

おそらく、そのアクアは成約されるとの回答だったようだ。

 

くそ~、またしても掌からこぼれ落ちた。(涙)

 

もうダメだ・・・と半ば諦めながらもお店のパソコンでアクア情報を探していたら、違う店舗にお値打ちのアクアを見つけた。

営業マンに訊いたところ、これは一番下のグレードとの事。

アクアの最下グレードは難あり

アクア・Lグレード

年式、距離数、評価点は申し分ないが、Lグレードは後部座席のドア開閉がハンドル式との事。

あの手で回すやつ?マジで?今どきそんな車あるのか??(笑)

ステアリングもチルト機能のみでテレスコピック(前後調整機能)は無し。

ガラスもプライバシーガラスではないただの透明のガラス。

 

これは当然、ボツです。

これから先、長く乗る車としては肉体的にも、精神衛生上もよろしくない。

 

もうそろそろ帰らねばならないので、営業マンにお礼を言って店を出る。

良いアクアが見つかったら電話してくれるとの事。

とはいえ、ちょっと絶望的。。。

気が乗らない条件のアクア

家に帰ってモンモンと考え込む。

どげんしよう・・・見つからない。

あのヴィッツでは気がのらないな~。(汗)

 

5年前買ったヴィッツはあっさり見つかったもんだが、今回はずいぶん違う。

あの時と希望条件はほぼ同じのはずだが、今回はそのヴィッツがまったく見つからない。

ヴィッツHVは論外だったが、ガソリン版ですらこのザマである。

 

ちなみに、僕は基本的にトヨタ車派だが、別にフィットやノートでも可である。

当然それらも探したが、ヴィッツに比べて割高なのだ。

今一つお値打ち感が無いので買う気にならないだけです。

それに、ハイブリッド保証はトヨタ車のみの特権。

他メーカーはこれほどの保証は存在しない。

 

家でネット情報見ていたら、ふと目にとまったアクアを発見。

僕の求める条件から外れているが、妥協できなくもない。。。

しかも、さっき行ったトヨペットと同じ系列会社で、家から割と近い店舗。

うーむ、とりあえず実車を見てみるか。

 

一応、さっきの営業マンに義理立てしてその事を連絡。

同じ系列店舗なので取り寄せてくれるとの事。

・・・やっぱりそうなるよね・・・わざわざ遠い店舗に行くことになろうとは。(汗)

しかし、もし成約するならばこの営業マンのほうがサービス良くしてくれそうなので、ここは遠くてもこの営業マンを優先することにした。

拠点間の車の運びは無料との事。

 

今度の土曜日に見に行くから、それまでに入庫よろしくと伝える。

 

そもそもこのアクアは気がのらないタマであるが、このまま無の状態よりはマシ。

やっぱ妥協するしかないんかな?

希望条件を変更!トヨタのハイブリッド保証なら!?

翌日、僕の気が変わった。

 

ずっとモンモンと妥協の事を考えていたら、ある考えに行き着いた。

それは僕の希望条件、距離数を3~4万キロまで引き上げることである。

妥協といえば妥協ですが。。。

 

そのことを営業マンに報告し、昨日のアクアはキャンセルした。

 

気が変わった理由は、トヨタのハイブリッド保証をアテにしたからです。

「登録日から10年、もしくは20万キロまで保証」

これであれば、例えば4年落ち4万キロの車であれば、保証期間は残り6年、もしくは残り16万キロが保証内である。

僕の場合、6年で11万キロ走る計算だから、その時の走行距離数は15万キロになっている。

その後は保証無しなので、致命的な不具合が発生するまで乗りつぶすだけである。

 

なので、距離数の多い中古車を選んでも、トヨタのハイブリッド保証があれば怖くない、という考えにしました。

 

距離数3~4万キロのアクアなら何台か掲載されている。

んが、既に商談中である可能性が高いのは今までの経験上予想がつくので、営業マンにそれらの状況を確認してとお願いをする。

好条件の中古アクア発見!?掲載したてのホヤホヤ!

その後、営業マンから電話があった。

やはりどれも商談予定が入っているとの事だった。

が!そのどれでもないアクアを一つおすすめしてくれた。

サイトにアップしたてのホヤホヤである。

急いでそのアクアのページをネットで確認。

距離数はなんと22000キロ!評価点4.5!

僕の希望条件にほぼ合致しており、無論、商談予定も入っていないとの事。

素晴らしい!

 

このアクア、県内でもかなり遠い店舗に置いてあるが、同じ系列会社なので営業マンが取りに行ってくれるとの事。

すぐに手配をお願いした。

今度の休日に現車を見に行く予定を伝えて電話をきる。

 

・・・やった!やったぞ!!

よ~~やく、光明が見えてきた。

まだ現車を見ないと確実な事は分からないが、これはかなり期待できる!

頼む!これで終いにしてくれ~!

と、心の底から空に向かってお願いした。(笑)

中古車探しと選び方・まとめ

中古車探しは一筋縄ではいかない。

人気車を選ぶなら期間に余裕をもって探すべき、ということを学びました。

 

アクアは中古車市場においてかなり人気の高い車です。

Lグレードはあまり売れてないようですが、Sグレード以上は掲載されたら即刻売れるシロモノです。

もしアクアの中古を買うならば心してかかってください。

強力なコネやツテがあるなら遠慮なく行使することをおススメします。

 

それにしても、ヤリスHV・・・欲しかった。

このレンタカーをそのまま売ってくれ、と言いましたがやっぱダメでした。(笑)

数年後、中古車を買い換える時、ヤリスHVは候補に入ること間違いなしです。

 

今回はアクア中古車をゲットすることに集中。

 

関連記事

車をぶつけられた①・事故対応と保険会社連絡~俺のヴィッツどうなる?

車をぶつけられた②・修理しないで補償金を受け取る事にした5つの理由

アクア中古車購入!値段は質・装備品から安いと判断!ヴィッツ廃車手続き

中古車アクア納車!一ヵ月乗ったレビュー!燃費比較、動力性能、静粛性